FC2ブログ


風俗出稼ぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カセットテープが将来的に大容量ストレージの主流に返り咲く可能性

メディアとしてはすでにCDなど後発のものに取って代わられた感のあるカセットテープ。
しかし、データの大容量化が予想以上のスピードで進み、ハードディスクの密度改良も限界に近づく中で、
将来、頑丈で高密度なメディアとしてカセットテープが返り咲く可能性を、IBMの専門家が指摘しています。

2011年の段階で全世界の情報を集約するとその容量は295エクサバイトになり、うち、94%がデジタル化済みとなっていました。
つまり、世界中のストレージには約280エクサバイトのデータが詰まっているということです。
エクサバイトというのはペタバイトの上の単位ですが、2016年までにネット全体の通信量はエクサバイト級、
あるいはその上のゼタバイト級になるとみられており、はるか果ての見知らぬ単位というほどではなくなってきています。

そんな中、データセンターなどで主に用いられているのはハードディスクですが、
富士フイルムとIBMは2010年に磁気テープにバリウムフェライト磁性体を採用することで、
現行テープ比約44倍の35TBの大容量カートリッジ開発を可能にしました。

この磁気テープは、実際に世界最大の望遠鏡であるSquare Kilometre Array(SKA)で使用されています。
SKAが順調に2024年まで動き続けると、吐き出される圧縮データの量は1日1ペタバイトにもなるとみられています。
http://gigazine.net/news/20121022-cassette-tape-storage/

ビデオテープ使えばもっと大容量化できるのかな。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://soaplandkyujin.blog.fc2.com/tb.php/33-6ed50454
フッター広告用にどうぞ
幅は870px
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。